福岡市 城南区 泌尿器科 性病 つのだ泌尿器科医院

福岡市 城南区 泌尿器科 性病 つのだ泌尿器科

初めての方へ 福岡市 城南区 泌尿器科 性病 性感染症
男性の方へ
女性の方へ
小児泌尿器科

泌尿器疾患 泌尿器科 性病 福岡市
前立腺の病気
膀胱炎・尿もれ(尿失禁)
勃起障害(ED)・男性更年期・包茎
尿路結石
膀胱癌・腎臓癌
精巣(睾丸)の病気

性感染症 性病 福岡市 城南区 泌尿器科
淋病・クラミジア
尖圭コンジローマ・ヘルペス
梅毒・毛じらみ

情報コーナー 福岡市 城南区 泌尿器科
良くあるご質問 Q&A
お知らせ
手術実績

つのだ泌尿器科医院 福岡市 城南区 性病
つのだ泌尿器科医院・概要
院長・スタッフ
院内紹介
求人情報
お問い合わせ

泌尿器科 城南区

精巣(睾丸)の病気    つのだ泌尿器科医院 HP


精巣が硬くなった、精巣が痛い、精巣が腫れているなどの症状がある場合は、
恥ずかしがらずにすぐ泌尿器科を受診しましょう。

1.精巣腫瘍
頻度としては10万人に1〜2人のめずらしい病気ですが、15〜35歳くらいの若い人に多く、
この年代の男性にできる悪性腫瘍のなかでは最も多いがんです。

症状としては、精巣が硬く腫れて大きくなってきたが、
あまり痛みや発熱を伴わないのが特徴です。
恥ずかしがって受診せずにいると、病気が進行してしまいますので、
精巣がいつもとちょっとおかしいなと思ったら早急に受診しましょう。

2.精巣の炎症(急性精巣炎・急性精巣上体炎)
精巣が硬く腫れ、発熱や痛みを伴います。放置しておくと精巣の機能が低下し、
将来、不妊症の原因になることもあります。

細菌や性行為感染などが原因である場合は、
片方の精巣だけが腫れることが多いです。
治療は抗生物質の投与と安静で1週間程度で治癒します。

両方の精巣が腫れている場合は、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)を合併している場合があります。
ウイルスによる炎症のため特効薬はなく安静と患部の冷却などで1週間程度で腫れがひきます。
入院が必要となることもあります。

3.陰のう水腫・精索水腫
陰嚢水腫では陰嚢に、精索水腫では陰嚢上部か鼠径部に痛みを伴わない腫れを認めます。
硬くなく弾力性に富んでいます。ペンライトなどで光を当てると光が透けて見えます。

大人の場合は、外来で中の液体を注射器で吸引することもありますが、
効果は一時的で、またたまってきます。根本的に治すには、
手術で水のたまった袋(鞘膜)を切除する手術を行います。

小児では、2〜3歳までは自然治癒の可能性が高いので経過観察します。3〜4歳以降では、
大きくなって本人が気にしたり歩行の邪魔になるなどの場合には手術を検討します。

4.停留精巣
停留精巣は陰のう内に精巣(睾丸)が触れない状態です。
もともと精巣は胎児期には腹腔内に存在し、
胎生3カ月ころに下降し始め、30〜32週までに陰嚢内に降りてきます。

これが途中で留まった状態が停留精巣です。
生後6カ月ころまでは自然に下降してくる場合があります。
それ以降は自然に下降してくることはほとんど期待できないため、
1〜2歳の間で手術する必要があります。

また、合併症として鼠径ヘルニア、精巣捻転、不妊症、精巣腫瘍などの原因にもなりますので、
1〜2歳の間に手術で精巣を陰のう内に戻すことが非常に重要となります。

このページのトップへ戻る

お問い合わせはお気軽に
泌尿器科、性感染症に関するお問い合わせは、
お電話 【092-863-9717】 または
当サイト上WEBメールフォームよりお尋ねください。

Copyright(C)2009 福岡市 城南区 つのだ泌尿器科医院. All Right Reserved.